マンガ お手軽躁うつ病講座High&Low



マンガ お手軽躁うつ病講座High&Low
マンガ お手軽躁うつ病講座High&Low

商品カテゴリ:医学,薬学,医療,看護,介護
セールスランク:6564 位
発送可能時期:納期は下記のボタンを押してご確認ください
参考価格:¥ 1,680 (消費税込)

ご購入前のご注意
このページはアマゾンウェブサービスを利用して運営しています。 掲載商品はアマゾンの取扱いです。最新価格、製品情報はボタンを押してご確認下さい。

商品を確認する、購入する

「躁うつ病」に疑問あり

以前に読んだときから
「これって典型的な双極性障害(躁鬱)というよりBPD入ってるんじゃないの?」
という感想でした。

その後予想通り、著者の出版されたマンガは
「境界性人格障害&躁うつ病REMIX」→「リストカット症候群から卒業したい人たちへ」。

著者が悪いとは申しませんが、版元は精神疾患に特化した本が殆どで知識もあり
なおかつ医師のコメントまで載っている。
関係者にまともな調査・検討能力があれば、このような表題はありえないと思います。
主治医については誤診としか言いようがない。

必ずしも教科書的な症状の病人ばかりではないと思いますが、
一般向けの「お手軽」な入門書として適しているのかどうか
検討の余地が大いにありそうです。
私にはムリでした、心の状態によってはオススメできないかも…

現在、躁鬱病(正式に双極性障害2型)を患っています。家族の理解を得ようと思い、皆さんのカスタマーレビューを読んで、この本を買う事を決めました。
でも私にはこの本はムリでした。今、ちょっと鬱状態に傾いているから、病気の症状に関する本を読む事自体にダメージがあるのかもしれないです。
しかし、他の躁鬱病に関する書籍(わかってほしい!うつ患者のホントの気持ち、躁うつ病はここまでわかった、躁うつ病を生きる、パニック障害メディカルガイド、など多数)は問題なく目を通すことができましたが、この本は3ページほど読んだところで、心の苦しさが激しくなり、読み続けることができなくなりました。
その理由は、自分では確実には分析しきれていません。全て読み通すことがどうしてもできなかったので…。(ごめんなさい…。)
確かに、漫画という点が分かりやすく、読みやすいということはあると思うのですが、鬱病患者として深刻に悩んでいる人や、鬱である自分を責めている状態の人には、向いていない場合があると思います。快方に向かっている場合や、客観的に症状を見つめることができる人、あとは、病気ではない人には読みやすいかもしれないですが…。
とにかく、誰でも気軽に読める良さはあるんですが、死にたいと思うほど深刻に感じている悩みが、軽いものとして扱われているように感じ、「もっともっと辛いのになあ」と思うかもしれません。
きっと、この病気を周りの人に「お手軽」に考えて欲しい人や、そう考えて少しほっとしたい人には向いています。だけど、深刻な鬱病患者の場合は、本人が読むのは、恐い場合もあるのではと思います。
あくまでも個人差がある、ということには注意していただきたいけれども

私の場合はうつが強く、ときどき軽躁が出る程度の躁うつだと主治医に言われているので
共感できる部分もあり、そうでない部分もありと感じながら読みました。
特に処方薬が似ているところに親近感を持ちました。

とにかく読みやすいので、うつ状態でもなんとか読みきることができましたし、
家族に読んでもらうにもライトさ加減が絶妙だと思いました。
今は母が熱心に読んでくれています。
躁気味になると、周りも「調子が良いんだ」って一緒になって無茶してしまうことがあるので
そこが危ないところなんだと、分かってもらえるだけでも生活が楽になると思います。

服薬治療が必要であることなど、私自身が家族に言うよりも説得力がありますし
(薬に抵抗のある人って案外多い)ご家族に理解をもらいたい方には、お勧めしたいです。
躁うつ病の生々しいモデル

本書は右ページが文章による解説、左ページが漫画という編成。
漫画部分で、この病気との闘病の、生々しい実態が分かりやすく表現されている。

著者が実際に体験して著されているので、大変生々しく、本音を語る。
本書は、その点で、専門家による啓蒙書とは、かなり質が異なる。

本書には二面性がある。
著者の体験に基づいているため、その内容が真に迫り、読者の心をとらえる。
反面、躁うつ病の様々なタイプについて、網羅的には語られていないため、
躁うつ病と闘病する方すべてには当てはまる訳ではない。

実は、もっとも困難なケースは、極めて短期間に、躁状態とうつ状態が
激しく交替するケースの方で、治療者側の実力の問われる部分でもある。
また、治療者にも得意分野と不得意分野があり、すべての精神科医が
躁うつ病の治療に長じているとも言えない。

この様な事をふまえて、本書を読むと、
躁うつ病に対する理解が深まる良書だ。

特筆すべき点は、うつ病関連の書物は多いが、
本書の様に、躁状態にスポットを当てた啓蒙書は多くない。

本書は、本人様と御家族の方に読んでいただきたい。
ビジュアルで、親しみが持てる。
そううつ病への理解を深めるに・・・・

 この本は、自らがそううつ病にかかり、現在も治療中である著者であるたなかみるさんが、
この病気と闘っている人の周りにいる、この病気にについて勘違いした知識を持っている人
達に理解を深めてもらいたいと思い、また、同じ境遇の人達を少しでも元気づけたいと思い
書かれたものである。

 私自身もうつ病持ちなのと、また、そうの傾向もあるので共感できる事柄がたくさんあ
った。簡単な文章と4コママンガで、病院について、躁うつ病・うつ病、ドクター探し、
薬について、病気への周りの理解、著者の病状について書かれていて、さらに、入院体験
記も書いてあります。

 私自身も、今の担当医にたどりつくまでに何人かの先生の診察をうけていたので、
うんうんとうなづけるところも沢山ありました。

 著者のたなかみるさんは、まえがきの中で「私みたいな人間でも堂々と雑草のよう
に生きている」と述べているのですが、わたしも同じように考えて生きているので、
この文章を読んだときに、おー仲間がいたがいた? と驚きました。

 うまく表現できませんが、この本は、気軽に読める本であり、読む人にうつやそう
うつ病、躁病の傾向があるのならば、最初から精神科を受診した方がよいと著者も書
いていますし、わたしも同様の考えを持っています。
 精神科デビューが怖いという方には、この本を読んでその不安な気持ちを解消して
デビューすることをおすすめします。
この病を持っ
ている方の周りの方には、うつなどの精神疾患の理解を深める手助けになる1冊にな
ること間違いなしです。
 



星和書店
マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX 日々奮闘している方々へ。マイペースで行こう!
マンガリストカット症候群から卒業したい人たちへ―ストップ・ザ・カッティング―
躁うつ病はここまでわかった
バイポーラー(双極性障害)ワークブック―気分の変動をコントロールする方法
こころだって、からだです




疲れをためない生き方―もっとタフになるための免疫力講座

うつからの完全脱出 9つの関門を突破せよ! (こころライブラリー)

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

生化学・分子生物学演習

共働き子育て入門 (集英社新書)

脳を鍛える大人の音読ドリル―名作音読・漢字書き取り60日

マンガ お手軽躁うつ病講座High&Low

なぜ「粗食」が体にいいのか―「食生活」ここだけは変えなさい! (知的生きかた文庫)

おとなのADHD―社会でじょうずに生きていくために

感染症レジテントマニュアル




 [link]XXXAA097  [link]NNNXX065  [link]AAAXX052  [link]CCCXX054  [link]DDDDD004
 [link]NNNNN014  [link]JJJXX061  [link]WWWWW023  [link]DDDXX055  [link]TTTAA093

 [link3]CCCCC007  [link3]CCCCC034  [link3]CCCCC006  [link3]CCCCC016  [link3]CCCCC084
 [link3]CCCCC044  [link3]CCCCC082  [link3]CCCCC052  [link3]CCCCC067  [link3]CCCCC096